6.脊椎の印のカードを製作する(紐の追加方法3)

6.脊椎の印
6.脊椎の印

脊椎の印について(セキツイノイン)について

脊椎の印のキーワードは教育、支える役割、創設、組み立てる、伝える、骨組み、背負うものを表しています。

考えやアイデア、物質的なもの、エネルギー的なものを組み立てたり、その骨組みを意図によって支えている状態、教育のような積み重ねて作り上げたもの、また物事の中心となる軸、骨格を作り出すことを表しています。

この印は15.鱗の印、29.鍵の印に展開していきます。2本の紐の軸に7つの意図を結びつけ編み込むことができます。

6.脊椎の印からの応用にて製作した鍵のモチーフ

マクラメ基本動画 紐の追加方法その3

紐の追加方法

準備するもの

  • ライター(焼き留めに使います)出来ない場合はセロテープ
  • コルクボード&ピン
  • ワックスコード(蝋引き紐)
  • 厚紙 厚手の画用紙か和紙
  • 定規
  • ハサミ
  • ボンドまたはのり

目的

マクラメ初心者のための技術練習基礎編。軸紐に紐を結び止めて追加していきます。

自分の意図を確約したタリスマンカードを制作する。

紐の配置設定

準備

1.20センチほどの紐を軸紐用に2本そして結び止めていくための紐7本を用意してください。

2.紐を2本縦にセットします。紐の上部と下部をピンやセロテープで固定しておくと良いでしょう。

3.緑の紐を2本の軸紐の裏側に配置しました。両側をA,Bとします。

4.AとBを前面で交差させます。この時にAの上にBの紐が乗るようにしましょう。

5.一回結びます。Bのはしを矢印に沿って通してください。

6.このような形になります。両サイドを引いて結び目を引き締めます。

7.結び目を閉じました。

8.同じようにして2本目も結び留めます。

9.2本目の紐も結び留めました。上へスライドさせます。

10.2つ結び目が並びましたこのように残りの5本も結び留めてください。

11.7つ結び目が並びました

12.完成です。

カードの作り方

ここからはカードの製作となりますので初めにこちらのリンクを参照くださいね。→オラクルノットカードの作り方

1.一つ一つの結び目にそれぞれ赤い紐を通します。

2.前面で本結びをします。

3.赤い紐の端を裏面に通します。

4.カードに穴を開けます

5.それぞれの穴に紐を通し焼き留めします。余分な紐をカットして焼き留めます。赤い紐はセロテープなどで留めておいてください

前面
背面

6.完成です

オラクルノットⓇ マクラメ講座のお知らせ

ABOUTこの記事をかいた人

世界を旅しながらマクラメによる作品を製作してきました。制作中に得た気づきなどをマクラメの魔術という視点から日々の生活にどう取り込んでいけるかを研究しそのメゾットをオラクルノット(R)として発信しています。