Oracle knot (オラクルノット)とは?

マクラメの暗号Oracle knot (オラクルノット)とは?

オラクルノット(編印)とは紐によって直線や曲線、結び目、角度が編み合わされ、それぞれに”願い”や”意図”が組みこまれた装飾編みです。

Oracle knotのシンボルの意味についてはこちらを参照下さい

身にまとう編み込まれた印 

マクラメは、まるでエネルギーパターンを記す書物のようです。それら印を身にまとうことは、自分のエネルギーフィールドに自らが選択した意図を確約することです。印に含まれる意図を習慣的に意識することで、これらの印は無意識的に人生で繰り返されてきた負のパターンを変更しあなたの周波数を上げ、内面の変化に連動してあなたを次の場所へと進めます。

無意識的に編みあがる全てのパターン(紐の暗号)や、また、誰かが製作しあなたが目にした編み印パターンはあなたのエネルギーの投影です。それぞれが物語やメッセージを持っています。個人のエネルギーパターンが、編み印パターンとして目の前に反映されています。

オラクル・ノット(編印)は紐によって作られた結び目、角度、意思のエネルギーが組み合わされたグリッドで様々なものに組み込むことができます。自分自身への明確な意思表明や目標、イメージを意識するための象徴としてこの魔法のアイテムを使うことができます。

(様々な印が組み込まれている魔法の杖オブジェ)

オラクルノットは簡単に言うと見えないエネルギーを紐のグリッドを使って物質にしていくという紐の魔法です。

またこれらは思考や観念がシンボルとなったもので、これらを観察する方法としてオラクルノットというカードにしてみました。

このオラクルノットカードを使って、それを読み解いていったり、制作したり、そこから導き出されたメッセージを生活の中へ生かしていくこともできます。

意思(願い)といった目では捉えられない部分に積極的に接触していき、それらを習慣的に身につけたり観察したり、意識することで、具現化します。

マクラメの中級者になるとオラクル・ノッティングという方法で自在に編み印を製作することが可能になります。あなたのエネルギーが投影された編み印が語り出す物語やメッセージにぜひ耳を傾けてみてください。

それらはあなたを知るための魔法の書物です。

意図を組み、意志を留める 紐の魔法「Oracle knot」  製作  kinuka

オラクルノットの種類はこちら→印の種類