マクラメ初心者基礎編・タッチング結びの編み方

マクラメの基礎としてぜひ習得してほしい編み方にタッチング結びというものがあります。軸紐に巻きつけて引き締めるという簡単な行程の繰り返しですが、慣れてくるとと工夫次第で様々な装飾模様やマクラメパーツに展開させていくことができます。

タッチング結びで製作した瞳
マクラメクラス 中級編
タッチング結びで制作した鍵

タッチング結び 準備するもの

  • 色の違う2本の紐 30センチと60センチ
  • 固定するためのコルクボードとピン

タッチング結びの行程

1.紐の配置について

それではまずオレンジの紐(30センチ)を軸紐として上部をピンで固定しましょう。青紐(60センチ)は下の写真のように短い部分(約8センチほど)と長い部分に折り曲げます。

紐の設定

2.紐を接続していきます。次に青い紐をスライドさせながらオレンジの紐の裏手へ滑らせます。

3.青い紐のアーチ部分を右手に折りたたみます。

4.折りたたむとこのような状態になります。

5.AとBの紐をアーチにくぐらせ2本の紐がアーチ部分の上へ来るようにしてください。

AとBをくぐらせた状態

6.AとBの紐を矢印の方向に引き締めます。これで紐の接続が完了しました。

7.次に長い方のBの紐をオレンジ(軸紐)の上に乗せます。

8.さらに軸紐の裏手を通ってアーチの手前側に紐を通し巻きつけます。

9.Bの紐を矢印の方向に引き締めてください。

10.先ほどはオレンジの軸紐の上に青い紐をのせましたが今度は軸紐の裏手に青紐を配置します。

11.さらに青紐がオレンジ(軸紐)の上を通りアーチの裏手を通るように巻きつけます。

12.紐を引き締めた状態。

この7から12の行程を何度か繰り返すとこのようなタッチング結びの編み目になります。(7から12の行程で一目です。)

タッチング結び完成!

それではタッチング結びに挑戦してみましょう!

オラクルノット 編み術の書

ABOUTこの記事をかいた人

マクラメによる作品を長年製作してきました。開催したワークショップや制作中に得た気づきなどを日々の生活に取り込んでいけるような編み術としてまとめてみました。