紐の言語

ペルーに結び目の言語、キープというのがあります。これは結び目の数で数字を記録し伝えられていたそうです。

オラクルノットは言語です。その人個人の意図を結び目に記録し、形として宇宙に伝えます。

自分の周りにフワリと広がっている目標や願望などのエネルギーを凝縮し、まとめそれを意図として結び目に記録するという最初の小さな行動が、好きな現実を創造していくための種まきになります。

これは誰かに開示するための共通言語ではなく、本人と宇宙との秘密の言語です。

 

 

紐の言語は紐のラインと結び目でエネルギーの流れを語ります。今の状態や、シンプルな質問に対しての答えとなるエネルギーパターンなどです。さらに印の配置と組み合わせでより複雑なエネルギーパターンの展開図を教えてくれます。

 

一つ一つの印にキーワードが設定されていますが、それは個人個人で違っても良いと思います。その人がそのシンボルから何を受け取るかは経験や考え方、時期、文化によって違ってきます。

好きなように追加したり削除したり訂正したりして自分用にカスタマイズしてください。その人が受けとった言葉やイメージがその人とその人の世界にとっての真実になります。

オラクルノット 編み術の書

ABOUTこの記事をかいた人

マクラメによる作品を長年製作してきました。開催したワークショップや制作中に得た気づきなどを日々の生活に取り込んでいけるような編み術としてまとめてみました。