オラクルノット マクラメカード・キーワード一覧

オラクルノットカードは、マクラメ編みシンボル45パターンがメッセージを持ったカードとなります。設定のカード9枚、展開のカード21枚、導きのカード15枚です。

オラクルノットのキーワード一覧です。あなたのエネルギーパターンの反映がカードに表示されます。

カード1枚で読み解く時はメッセージ欄を、複数枚でカードを引くときは直感でキーワードからいくつか選び、組み合わせて読み解いてください。(今のエネルギーパターンの状態やあなたの課題となるメッセージ、問題の解決策が読み解けます)

複数のカードで読む場合のカードの配置と意味

 正位置(エネルギーがバランスよくで流れてきている状態良い影響を受けている状態 良い現実を引き寄せている状態) 逆位置(そのテーマに関係することに対して恐れを持っていることや間違った思い込み、観念を手放すことへのサイン。調整の必要性)横(橋渡しとなっている考え方、あまり急激なエネルギーの変化がない状態、安定している状態。) 斜め(直接的に、現実に影響が出てはいない状態、結果を作る要素。表面には出ていないもしくは影響を受けていない状態。コントロールしている状態の思考、観念)

 

設定の印シリーズ(生まれながらの初期設定、エネルギーの特質などを示した9枚のカードからなります。またマクラメ編みをする際、基本となる始まり方です。)

1.源の印 キーワード(創造、原点、発端、起源、故郷、家族、統合、文化、集合的意識)

メッセージ 自分のルーツに関わるところから流れてきている事柄やエネルギーを象徴しています。それらは手渡されてきた考え方やエネルギーのパターン、または遺伝や性格、才能なども含まれます。自分にとってよかったこともわっるかったことも生まれ持ったエネルギー設定を今度は自分が展開して伝えていく番です。次の人にあなたの源から来ているパワーを誇りを持って伝えてください。

テーマ あなたが育ってきた文化、国、環境、家族などの集合的考え方からくる、価値観に関する設定を表します。

配置 逆位置で今の自分には不調和な状態、もしくは受け継ぎたくない事柄に対する恐れ、自分と他の価値観の違いを認められない状態を表します。

2.土台の印  キーワード(環境、大地、土地、広がり、拡散、大きく展開する、選択肢の追加、場所)

メッセージ 周囲の環境や土地、国、場所などに関わる重要性を示しています。これらの要素が大きく影響し展開していくパワーとなります。自分の今いる環境を再確認し、そこから発信したり、広がっていく選択肢を追加して見てください。

テーマ 生まれ持った環境、生活の基盤に関する、心の安定に関する印です。

配置 逆位置で今の自分には不安定な土台であると思っている恐れがある状態を表します。大きく展開したり選択肢を追加する前に現時点での土台を確認し恐れを取り除きます。

 

3.共鳴の印 キーワード(シェア、組む、共感、交差する、引き寄せるもの、同調)

この印は生まれ持って共鳴、共感する能力に敏感なことを示しています。どこまで共鳴したり共感したり共有しても大丈夫なのかということに自分なりの心地の良いスペースを見つけ出してください。互角なエネルギーのシェアは素晴らしいものを生み出します。無理に関係のない事柄にまで共鳴する必要はありません。依存しないエネルギーの交換を自分で選ぶことができます。

テーマ 物事に共鳴する能力についての印です。

配置 逆位置で共鳴、共感に対する恐れを表します。敏感でなんでも受け取りやすくなっている状態、もしくは敏感さを封印してわざと受け取れない状態を作っていることを表します。何に自分のエネルギーを同調させようとしているのかその対象物を確認してください。対象物は自分で選ぶことができます。

4.補強の印 キーワード(強化、空間や場を作る、空気、チームワーク、パートナーシップ、統合、コミニュケーション、枠組みを作る、境界線)

メッセージ 空間や場所、枠組みを自分と他のものの意思を補強しあって作り上げることを示しています。自分の考えだけで動くのとは自由度が落ちますが、コミニュケーションを取り合いながら作り出した場や空間は一人で意図した場合よりも補強され強くなります。自分の意思に同調してくれるパートナーや仲間と目標を超えてゆくためのエネルギーの空間や枠組みを作ってください。

テーマ 生まれ持った自分と他人との間隔、快、不快を感じる距離感に関する印です。

配置 逆位置で自分の境界線を侵害される恐れ。自分の空間を保ちたい。一人の時間が欲しいなどを表す場合があります。

5.統合の印 キーワード(様々な方向から拾い集めて一本の軸に統合する。)

メッセージ この印は様々なことなる事柄や考え方、いろいろな方向からやってくるエネルギーを一つに統合すること、またそれがミッションであることを伝えています。まるでそれは文化や言葉の違いを否定することなくメッセージとして繋いでいく通訳者のようです。言語という別々の紐をつなぎエネルギーのコミニュケーションを築いていけます。

テーマ 自分にバランスが取れた状態でその要素を自分の一部とすること。

配置 逆位置でそれぞれの要素のバランスが取れていない状態。もしくは統合することに抵抗を感じている状態。

 

6.脊椎の印  キーワード(教育、支える役割、自制、創設、組み立てる、伝える 骨組み )

メッセージ 考えやアイデア、物質的なもの、エネルギー的なものを組み立てたり、その骨組みを意図によって支えている状態、教育のような積み上げてきたことを伝える、これから広がってゆく準備という状態を表しています。

テーマ 物事の中心となる支えるための骨格を作り出すことと負荷のバランスを示します。

配置 逆位置でうまく機能していない状態。自分にとって負担がかかりすぎている状態。誰かに手伝ってもらうなど自分が無理なくできる範囲のことをするようにと告げています。

7.均一の印 キーワード(ゼロ、エネルギーが動きだす前の状態、プラスにもマイナスにも偏らない状態、平坦、、存在しているものが、どんなものにも姿を変えることができる状態)

メッセージ これから何でも開始することができる状態を表しています。純粋でフラットなエネルギー状態です。エネルギーが動きだす前の状態なので自分で思い描くことができればそっちよりにエネルギーが流れ始め実現します。

テーマ エネルギーや思考の柔軟さ、抵抗がない状態を示します。

配置 逆位置で自分の癖がネガティブに反映してしまって緊張により固まっている状態を示します。本来は自由に、柔軟に形を表現することができるはずなのに制約をかけてしまっている状態です。

 

8.結束の印 キーワード (約束 干渉 関係性 繋がり 止まる 束縛 まとめる)

メッセージ 周囲からの関係や干渉、結束力、接点、繋がりで守られていたり、もしくはそこに留まっている状態を表します。大事な事柄や考えを自分と他の者の意思のエネルギーでまとめ上げパワフルに具現化します。約束のような自分と他者の間で何かを育んでいく印です。この印が展開していくと28.関係の印になります。(関係の印のメッセージも参照)

テーマ 意図のエネルギーを結束させる留めることに関する関わり方を表しています。

配置 逆位置で自分が自分にかけた束縛や制約、間違った思い込みのために動けなくなっている状態を表します。

 

9.契約の印  キーワード 自分自身で選んだ宇宙との契約 感情や思考を圧縮したもの、創造のパワーの源(外に表現する前の最終段階 蕾) 、決定事項 、意思をとどめる、または宇宙に願いを受け渡したそれらの痕跡

メッセージ 契約の印はその人が自分自身で決めた宇宙との契約や決定事項を思い出すことを示し、また意識的に意図することは道しるべとなります。これらが行えるようになると自分で設定した意図のエネルギーを使って自在に現実を創造することができます。このエネルギーが集中した結び目は意思や思考を物質に変更する際の変圧器のようなものです。パワーが一定以上に達した時、その結び目を通じて、それは現実となって花開きます。

テーマ 意図の使い方関わり方を示します。

配置 逆位置で自分が自分にかけた間違った思い込みから発展した意図を示します。何か一つだけでも良いので、もう必要としない観念、執着を手放し設定し直すか調整してみることが大切だと示しています。また自然にやってしまう意図の設定の仕方が自分とちゃんと調和しているかをよく観察してみる必要があります。その設定のためにエネルギーが止まってしまっている状態です。

この印には以下の4種が含まれています。

A                                         B                                     C                                    D

A独立の印(はじめの設定は自分以外のものを巻き込んだ契約 比較の対象、のちに独立、自立 信頼関係)

2本の紐を使って結んだ結び目ですが一本の紐を引き抜くことができます。

B契約の印 (自分以外のものを巻き込んだ契約 約束、決定事項、意思、決意、またはその痕跡)

2本の紐を結んで作った結び目で、どの紐を引いてもほつれることがありません。

C結びの印(自分自身で決めた契約、変圧器、決定事項、意思、決意、またはその痕跡)

一本の紐で作った結び目です。

D 焼きどめの印(意図を止める、火のエレメント、燃焼、終わり、解決 エネルギーのポイント)

蝋引き紐を焼いて潰して止めたものです。

展開の印シリーズ(あなたの本質となるエネルギーの使われかたや特徴、今の状態、今後の展開などを表し、設定の印を土台として紐が継ぎ足されたり編みこまれたりして発展していった21種類からなります。)

 

10.種の印 キーワード(成長、準備する、設置、ちょうど良い時期を待って発芽する、 育てる、種、仕掛け)

メッセージ 種の印は、発芽するような、パワーの広がりと、大地にしっかりと根を張って、それが時期がきて大きなものへと発展している状態を示します。土台となる部分に新たな紐をつぎだすことはまるで大地に巻いた種であり、意図すること(仕掛け)の重要さと原点に戻って自分の本来の意図や目的を確認することが大切だと示しています。

テーマ 自分の中にある安定したエネルギー(土台)を使って新しいことを展開させていく力を養う。

配置 逆位置で本来の目的を忘れてしまって、展開していくことへの不安があり行動が受け身がちになりやすい状態を示しています。自分が設置したものに今一度意識を向けてみましょう。

 

11.目の印 キーワード(中心 窓、直感、内観、捉え方、内側、ビジョン、洞察力、学び、理解 集結 自己 盾、フィルター)

メッセージこの印は物事の捉え方を示します。目という窓から飛び込んできた映像は思い込みや信念というでフィルターを通り感情というエネルギーに変換されます。このエネルギーはそのまま出来事や景色となって窓の外に投影されて行きます。何を引き寄せているか、自分の思考や感情を意図的にチェックし観察することは、あなたを守る盾、フィルターとなります。(1.源の印から発展した印こちらも参照ください。)

テーマ 物事の捉え方、洞察力に関わる印です。

配置 逆位置で間違った捉え方によって本来のあなたの力が発揮できていない状態、勘違いによって勝手に傷ついてしまった心のブロックを指し示します。

12.流れの印(自由、左右回転のエネルギーとその使い方、調和、遠ざかる、距離)

メッセージ 右回転と左回転のエネルギーがバランスよく溶け合って流れる動きを作り出すことを示しています。これは陰陽のような対になるエネルギーを表します。恐れで動けなくなってしまう前に、変化し続けることでエネルギーのバランスが調和していきます。停滞している考えやエネルギーに飲み込まれてしまう前にそこから遠ざかるという選択肢も時には必要です。それは自由というエネルギーの象徴でもあります。

テーマ 自由という絶えず変化し続ける能力や力のことを示します。

配置 逆位置で停滞や変化への恐れを示し、右回転と左回転のエネルギー(陰陽)の不調和を表します。

13.方向の印 キーワード(軌道を明確にして修正、目的方向、先頭に集まった意図、エネルギーの質の確認)*矢印の前後にある印も関連付けて読み解くことがあります。

メッセージ この印は自分の進むべき道もしくはパワーの向け先をシンボル化したもので意識を合わせる方向を明確にするものです。。パワーを向ける方向、発信するエネルギーは、純粋な動機に基づいたものであり、それらがどう作用しているか外の世界で確認し、エネルギーの質や方向を調節してください。自分に無理があったり、自分や他者を苦しめたりするものでないことを確認してください。

配置 逆位置で意識を合わせる方向、エネルギーを使う方向、目的方向を正すようにと示しています。常識や信じていたことが反転する可能性。その人の設定した意図がバランスを取れていない状態を表します。その人にとって心身に負荷がかかりすぎる意図の設定は全体的な調和を乱してしまいますので設定し直してください。あなた自身や誰かを傷つけることなく進める方向を設定してあげてください。

テーマ  意識するポイントを方向づける技の習得

14.開花の印 キーワード(実現、表現、開花 解放)

メッセージ これは今まで自分の内側にあった力を実現したり表現したりして解放させている状態を表しています。エネルギーがオープンな状態なのでシェアしたり発信したりすることがエネルギーとして周りの人々へ影響し巡っていきます。(これは9契約の印のA独立の印からの展開ですのでこちらも参考ください。)

配置 逆位置 表現、実現することへの恐れがあるため遠慮している状態です。完璧でなくても、人の評価をきにすることなく、エネルギーを解放してください。

テーマ  表現したり実現したりするエネルギーの放ち方。

 

15.鱗の印 キーワード(守護、兜、守り 防御)

鱗の印は悪影響となる外的環境、エネルギー源からの防御の必要性やそれをうまく行っていることを示しています。隙間なくしっかりと固められたこの印は自分の波動を下げるような情報や良くない集団想念からのフィルターでもあります。防御しながらも柔軟な行動が取れるよう無防備な状態で悪影響となる環境にい続けないようにと告げています。安全なエネルギー環境で鱗の鎧に守られた内側のエネルギーが整うと正しい行動が取れます。(この印は6.脊椎の印からの展開です。こちらも参照ください)

テーマ 必要な時にしっかりと自分自身を防御することと、それが済んだらすっかりと防御を取り外し元の状態に戻ることができる、正しい鎧の身につけかたに関する印です。

配置 逆位置で過剰な防衛を表します。長い間続く過剰な防衛は自分のエネルギーを重くし守っているはずの内側に圧力や攻撃(ストレス)を与えてしまいます。

16.拡大の印 キーワード 寛大さ、拡大、伝道

メッセージ あなたの中心から拡大して伝わってゆくエネルギーを示しています。それは思考や感情のようなあなたの中で芽生えた形が波紋のようにどんどん増幅して周りに伝わってゆくことを示しています。良いエネルギーの発生源となって一気に周りのエネルギーを変えることができます。

テーマ 自分が発信していること、拡大させているエネルギーの質に注意を向けるための印です。

配置 逆位置 自分の常識や考え、価値観以外のことについて認められないというエネルギーが内側に向かって固まってしまった状態、塊を示します。違うことを発信している人がいても、あなたの発信の妨げにはなりません。

17.変容の印 キーワード(変換、一本の軸の急な方向転換、角度変化、一度止まり考える、正しい軌道、角度)

メッセージ 様々な経験が統合された次の展開を表す印です。今まで進めてきたことをまとめ上げ、その軸(パワーやスキル)軸を変えることなく考え方や捉え方を自在に操り正しい軌道へと方向転換していくという印です。この印は5.統合の印から展開したものです。(必要であれば5.統合の印も参照ください。)

配置 逆位置で執着があるため変化を受け入れられない状態。また自分が認めたくないことへの恐れを表します。

テーマ 急激な方向転換を過去のことにこだわりすぎたり、執着することなくできる能力を表します。

18.勢いの印 キーワード(勢い、力強さ、強い流れ、出来事、最初の波)

メッセージ 勢いの印は主に停滞しているものへ循環を促すきっかけとなる最初の動きをつけるという意味があります。自分の中にあったエネルギーを誰かのために外へ送り出します。それは出来事や変化となり、感情というエネルギーが動き始める状態を示します。これらは何かを始める原動力となったり、行動のパワーとなったり、創造を表現する力となっていきます。(2.土台の印からの展開です。こちらも参照ください。)

テーマ 自分の中にある情報やスキル、考え、エネルギーを誰かのために発信する最初のエネルギーの動きに関する印です。

配置 逆位置で発信したくない、行動したくない、手放したくないという自分のエネルギーの流れ(特に出ていく事)を恐れている事を表します。または表現したり行動するパワーがない状態を示します。

19.始まりの印 キーワード(DNA、暗号化された情報、伝えるもの、橋渡しするもの、コミニュケーション、両極のバランスをとる、異なる2極の統合、生まれながらにして受け継いでいるもの、人生の土台)

メッセージ 物事の始まりや、生まれながらにして受け継いでいる情報を示します。3.共鳴の印から発展した印で、陰陽の2つのエネルギーの交差で出来上がっています。これは両極のバランスを取ることを伝えています。両極のバランスが取れてくると橋渡しされた情報やギフトに気づくことができます。

テーマ 自分の中の2極を統合していく印です。

配置 逆位置で自分のなかにある2つの要素を統合できないでいる。状態や橋し渡しされた事柄やエネルギーについてうまく自分の中で処理できていない状態を表します。

 

20.計画の印 キーワード(順序、秩序、古い情報を整理する、計画 補強の印からの展開 縦と横の暗号 情報の保管)

メッセージ 出来事や感情、体験から自分の中の秩序としてまとめ上げられた情報やエネルギーが保管された本棚を表します。4.補強の印から展開した印であなたの中にある考えや思考、情報やエネルギーを整え、自分の中にすでにある情報を取り出し次のプロジェクトへの計画を立てることができる状態を表す印です。(4.補強の印も参照ください。)

テーマ 必要な情報を整理する

配置 逆位置で計画がなかなかうまく進められない状態また情報を一度整理し直す必要があると告げています。自分にそぐわないいらない情報は捨ててしまって構いません。空いたスペースに新たな情報がダウンロードされていきます。この本棚を整理しておくことは計画を進める力になります。

21.水瓶の印 キーワード(受容、満ちること、女性性、溢れ出す、溜める、豊かさ 水 たくわえる)

メッセージ この印は女性性を表す受容と豊かさの象徴で、いつも満たされていることに意識を向けることを示します。ただそこに存在しているだけで、あなたの満たされているエネルギーは周りの人達が安心して癒されてゆく癒しのエネルギーを放ちます。豊富にたくわえられたエネルギーに意識を向けることは治癒や豊かさと関係してきます。22.王冠の印と対になっていて女性性を表します。9.契約の印のタイプB契約の印から発展したもの。

テーマ 女性性

配置 逆位置 満たされていないと思い込んでいることで、その状態を引きつけてしまいやすいことを表しています。満たされるという物質的な変化の前にエネルギー的に満たされてきます。その感覚に意識を合わせます。

22.王冠の印 キーワード(役目、義務、使命、立場、成果、業績、尊重、世界、特技 自己肯定感 自尊心 栓、男性性)

メッセージ 使命に関係する事柄を表しています。それに伴うプロジェクトや世界観を構築している状態です。また、時には自分を優先する大切さや自己を肯定する感情が課題となっていると告げています。21.水瓶の印が女性性の象徴でありその対で男性性の象徴でもあります。9契約の印タイプA独立の印から展開してできた印です。

テーマ 自己肯定と尊重

配置 逆位置で自分の使命がうまく達成されていない状態を表します。まずは自分自身を尊重し大切に扱ってあげましょう。パワーが戻ってきます。

23.弓の印(スピード、反動、張力のバランス、緊張、分裂、分離)

メッセージ 直接的なアプローチ、またスピードを持って超えてゆくプロジェクトに意図の力を使いますが、張り詰めた糸のように、緊張のしっぱなしは自分をも壊してしまいます。時々力を手放す、程よい緊張感や緩め方、パワーの上手な使い方を学んでいくことが大切です。瞬発力を上手に使いこなして行くための印でもあります。

 

テーマ 張力のバランス、瞬発力を上手に使いこなして行くための印

配置 逆位置で継続的な緊張状態を表します。

 

24.交渉の印 キーワード(商業、貿易、コミュニティ、巡る、永遠の循環、交差する。)

メッセージ ぶつかり合うことのないスムーズなエネルギーの流れが、どちらにも利益をもたらす良好な関係性をもたらします。交渉というコミニュケーションは自分と相手へのエネルギーの流れがちゃんと対等であることを基準にその中間で約束を図ろうとすること。これは無限のエネルギーの流れを意味します。相手と自分が対等な関係でエネルギーを交差させて作り出してゆく循環です。

25.空間の印 クロスして作る場、自分の居場所、自分と他人との境界線 スペース、エネルギーの場、距離をとること

メッセージ 自分の空間、エネルギー場を保つこと、他人との境界線を示しています。招いていない入ってくる情報やエネルギーから距離をとることがパワーとなります。またはその状態を示します。この印は4.補強の印からの展開でもあります。(4.補強の印参照)

テーマ 自分のエネルギーの場、力の使い方について。

配置 逆位置で自分が作り上げてしまった枠組み(決意)がエネルギーを抑え込んでいる状態。自分が自分にかけてしまった枠組み、殻、黒魔術のような呪縛。

26.軸の印(連続した意図の配置、意思の軸、天と地を繋げる、上昇や下降のエネルギーの動き)紐を表す

メッセージ 継続的にに意図し、意思の軸を構築しているという印です。このスパイラルなエネルギーは天と地をつなげます。この地上より意思や願い天に表明し、それを叶えていくためのインスピレーションを天より降ろしてきます。継続的に意図したり、物事を行動に起こすことで出来上がる軸を示しています。

テーマ 継続した意思の強さを表します。

配置 逆位置で継続的に間違った思い込みや意図で作り上げてしまつた積み重なったエネルギーの塊、軸を表します。自分の中では常識だったこと、当然だと信じていたことで実は自分のエネルギーを引き下げていたことやいらない観念に気づくと正位置に反転します。

 

 

27.道の印 キーワード(道筋、道を作る、開拓する、先導する)

メッセージ 未知の新しい分野を開拓し、後に続く人に道を指し示すことに関するミッションが示されています。あなたの後に続く人がその道を機能させていきます。これまで自分がつくりあげてきた道を次の人へ譲り、パワーの矛先をを維持よりも開拓へと向かわせます。そうするとみんなに必要な新たな道が拓け、エネルギーの渋滞が起こりません。

テーマ 道のガイド

配置 後から来るものの道を塞いでいる可能性があります。大きなエネルギーの流れを塞ぎとめるためにパワーを使うのではなく、あなたが開拓したその道を通って目的地まで進めるようにガイドすることが使命となります。

28.関係の印 キーワード(想念、組織化する力 自然法則 自然の生体リズム 全体と調和 無数のことが互いに密接に関わる それぞれの反応と関わる 同時に様々な活動ができる 知識 包み込む)

メッセージ 自分の周りを包み込む想念や集合的意識からの影響が強くそれらのエネルギーや知識、情報にアクセスしやすいことを表しています。どんな想念の中に現在身を置いているかを確認し、常に正しいエネルギー集合体に意識を合わせることができます。その日の気分は、そのエネルギーが自分に伝わってきて反応している状態です。

テーマ アクセスしている集合意識を確認する。

配置 逆位置で集合想念の影響で本来のあなたではない状態を引き寄せています。自分のエネルギー(想念)状態をチェックし、アクセスする情報に注意を払ってみてください。また、場所を変えてみたり、会う人を変えてみたりして自分のエネルギーを良い方向へ整えます。

29.鍵の印 キーワード (様々な知識にアクセスする鍵、 知識の応用)

何かとても重要な情報にアクセスする、また未知の扉を開くことを意味しています。この印は6.脊椎の印の発展系で今までの積み重ねてきたことの基盤がありその経験から鍵となる特権を手渡されたことを示しています。今までやってきた事柄が全く別な形で応用されていくことも示しています。

テーマ その情報についてより深く理解して行くこと

配置 逆位置で必要な情報に一時的にアクセスできていない状態(スランプ)を表します。本来の自分のエネルギー状態を変えてしまう出来事で鍵の形が変わってしまい、鍵穴に対応できない状態です。

30.風の印(回転によるエネルギーの動き、混ぜる)

このシンボルは中心より広がる羽が回転し、季節のように物事が通過して行くことを示しています。自分の周りのエネルギーを変える移動や旅行、引越しにより今いた場所からのしがらみから解放されます。また客観的に身にまとうエネルギーを選別することができます。一度エネルギーが変わると同じ場所に戻ったとしても周りに見える風景や出来事が変わってきます。エネルギーである人の感情や考えもその対象です。

 

 

テーマ エネルギーや感情の通過

配置  逆位置で停滞したエネルギー状態を表します。エネルギーや感情が一箇所にとどまり次へと進むことを忘れてしまっています。芸術、旅行、コミニュケーション、ヒーリングに触れ次に進めさせてください。

 

導きの印(ナビゲーションカード)エネルギー同士の組み合わせや配置、動きにより問題解決の糸口となる対策やアドバイスが示されています。また制作のためのアドバイスが表現されたインスピレーションカードです。

 

31.クリスタルの配置 キーワード 輪、周囲の印に強い影響を与える、エネルギーの場、増幅機、物事の中心、重要な事柄、自分自身、イメージの受信、記録する 繋げる オブジェクトをつなげて輪を作る

メッセージ これはあなたの世界を表します。あなたに影響しているルーツから引き継いだものが自分の周りにしっかりと設置され、そこから発展して行くための基盤が出来上がっています。中心と土台がしっかりとしてエネルギー場を作っているため、ここから発信することは周りに強い影響を与えていきます。この中心に受信と発信機となる神聖な状態の意識を設置しておいてください。

テーマ 自分のエネルギーをしっかりと自分の周りに配置する

配置 逆位置で意識を向けた別な世界や自分、それがエネルギー的にまだうまく移行できていない状態、統合されていない状態を表します。自分のものであるしっかりとしたエネルギー場を作る必要があります。

32.角度を変える キーワード 方向、矢印、発展する方向、回転させて読み解く、別な視点を持つ

メッセージ 今まで自分が作り上げてきたものの価値観を角度を変えて認識してみるという印です。少し回転させて味方を変えるだけで別な風景が現れたり、今まで気づかなかったことが急に浮かび上がってきたりします。また自分がどの方角へ向かっているか、意識を合わせていることを再確認し角度のブレを補修します。

テーマ 別な視点からも捉えられること

配置 逆位置で意識を向けている事柄に関して凝り固まった物の見方をしている可能性があります。思いっきり回転させて眺めてみることで打開策を見つけることができます。

33.紐の追加 キーワード(新たなことの始まり、外側に表現 仕掛ける きっかけ 選択肢の追加)

メッセージ このカードが示すことは選択肢の追加です。今の状態に新たな事柄が追加された状態である、もしくはそうすると良いことを表しています。何本でも自分の好きな数や思い立った数字を追加してみてくださいそれが展開して行ったときに世界が広がっていきます。このタイミングで自分のパワーが広がってゆく仕掛けとなる選択肢を設置してください。

テーマ 意図的に人生の中で展開して行く仕掛けを作る

配置 逆位置で、展開が停滞気味なことを表しています。新たなことへ挑戦し選択肢をもっと広げてみることを示しています。生まれてきた初期設定からエネルギーは形を変えてここまで展開してきました。さらにここで人生の中で喜びとなる仕掛けの種を意図的に追加してみることを告げています。

34.意図の埋め込み キーワード 意識的に現実を創造する 意図

メッセージ 意識的に意図することの重要性を示しています。この印は無意識に流されがちな自分の癖を、いくつかのポイントにあらかじめ設定、意図することによって組み替えてゆく設計図を作るようにと伝えています。受け身ではなく意識的に現実を創造することができます。

 

テーマ 意識的に意図を配置する。

配置 逆位置で意図のパワーの使い方、方向性や全体的なバランスを再度確認してみるようにと示しています。最終的な夢や目標、ビジョンにそれらが沿っているか、古いバージョンでないかを確認し、ズレがある場合再設定して見てください。

35.連結、凝縮させる キーワード モチーフ同士を連結させる もしくは凝縮させる 組み合わせる

メッセージ 物や人、事柄、エネルギーを組み合わせ、連結してみるとバランスが取れる状態にあるようです。自分の周りに広がっている考えを一度凝縮し、つなぎ合わせたり、まとめて見てください。それぞれがもつ、個性的エネルギーが、一つでは機能しないものでも組み合わさることによってお互いの良さを引き立たせます。今まで使われてこなかったユニークなエネルギーを組み合わせ、今の自分に機能する新たなエネルギーやアイデア変換することができます。

 

配置 逆位置で接近しすぎている状態を示します。もう少し距離があっても大丈夫です。エネルギー的に影響を受けやすいため今はまだ融合しないほうが良いようです。それぞれが独立していて良さが引き立ってきます。

テーマ 良さを引き出す組み合わせ。

36.距離間隔を保つ キーワード モチーフ同士に距離を与える もしくは拡大させる

メッセージ 物や人、事柄、エネルギーの距離間隔を保つと全体的なバランスが取れる状態にあるようです。凝縮されていた考えやエネルギーは一度引き離し拡大させてみてください。間隔や距離が生まれるとそれぞれが持って生まれた本来のエネルギー状態に戻ります。自分のエネルギーを確認するためにも一度周りの影響から解放されてみるのもよいかもしれません。

配置 逆位置で距離間隔を取りすぎて孤立しすぎている状態を示します。もう少しエネルギー同士の距離が近くても大丈夫です。今はまだ拡大しないほうが良いようです。

テーマ 尊重した距離間隔の保ち方。

37.右回転 キーワード(螺旋、もしくは曲線の配置 外側から内側へ、促進、修復、上昇、凝縮、集中、硬い、プラス、陽)

メッセージ 考えやプロジェクト、事柄、関係性がまとまり、集中したエネルギーが凝縮している状態です。物事を組み立てていくにはとても良い状態を表しています。このまま促進させますが、後で左回転のエネルギーを取り入れて休息させてください。

テーマ 右回転の螺旋に乗る

配置 逆位置でエネルギーが凝縮しすぎて行き止まりを感じている状態を表します。バランスが崩れたエネルギーや停滞は物事がスムーズに進まない状態を作り出します。ほんの少しだけ左回転の要素を取り入れるだけでさらに進んでいけます。

38.左回転 キーワード (螺旋、もしくは曲線の配置 外側から内側へ、後退、抑制、下降、解放、分散、柔らかい、マイナス、陰)

メッセージ 考えやプロジェクト、事柄、関係性を一度緩め解くことを示しています。これは一見後退しているように見えるかもしれませんがエネルギー的にはリラックスしているベストな状態です。その状態であれば今まで気づかなかったことも拾い上げ、それを持って再び上昇することができます。左回転は右回転と対になっているので下降した分だけあとで上昇します。

テーマ 左回転の螺旋に乗る

配置 逆位置でエネルギーが行きすぎた解放をしてしまい、物事のやる気が起きてこない、エネルギーが不足している状態を示しています。右回転の要素である凝縮したエネルギーに触れることで、共鳴して上昇できます。

39.ねじる キーワード (平面から立体へ、次のステージへ進む、全く新しいものへと生まれ変わる、次元の上昇、現実化)

メッセージ 異なった方角に圧力を加えることによってエネルギーが交差する場にねじれが産まれます。これは、今まで作り上げてきた事柄やプロジェクトにわざと両極の圧力(プレッシャー)を加えることによって立体化をもたらします。立体化とは今まで平面だったことから次元が上昇するということです。紙の上に思い描いていたものやプランが物質となり現実化していくということです。

テーマ 自分自身に圧力をかけることによってプロジェクトを進める技を表します。

配置 逆位置でバランスよく圧力をかけれていない状態、どちらか一方が強すぎたり弱すぎてエネルギーがほつれている状態を表します。

40.接点を止める キーワード重なり 時間 現在  旋回軸、中心(点)、要点

メッセージ これは、旋回する軸、要となる価値基準、事柄や考え方を表しています。これが時間の中では現在にあたり、集合の中ではリーダーを表します。自分の中で最も大切なこと信念は何かを明確にし、その軸を基準に、どこへ行ってもどの方向へ向いても変わらない強さと周りの軸となることが大切です。

テーマ 現在の位置から夢の世界、幻想の世界を見てヒントを再び自分の中心に持って帰ることができるスキル、周りの出来事に振り回されないスキルを表します。

配置 逆位置で自分の存在している世界、体験している世界ががあやふやな状態になって困惑していることを表します。周りに振り回されてエネルギーを消耗している状態です。

41.通過させる キーワード( 門を通る 通過 積極的なコミニュケーション 動き)

メッセージ 状況や状態、エネルギーの中を、通過することが大切だと示しています。それは自分が動かずに待つというよりか積極的に門をくぐり抜け他のものとの重なりや接触を通じてコミニュケーションしていくというエネルギーワークです。新たなエネルギーである、状況や、関係をバランスを保ちながら構築していけます。

42.反転させる キーワード 真逆の視点から理解してみること ポジションの反転 洞察力

メッセージ 自分と他の者との立場を反転させて物事を読み取ったり、真逆の視点から読み取る洞察力に関わる印です。反転することは理解に繋がります。理解できなくても別な景色と気づきが見えてくるかもしれません。常識を超えて物事を見抜く力、読み取る力を磨き続けていくことが大切だと伝えています。

43.折り曲げる キーワード(蝶 折る 羽ばたく 変容 新しい形 対にする 折る(裏面)(反転させ平行)させる 偶然の一致 折って接点を探す(止める)の接点を探し活用することで新しい形を作る。折ることによってその間に発生した全てのものを繋げる。真逆の発想  折って裏側から接点を探す接点を探して止める 立体を作る対象、反映 影 ついにする

メッセージ 折ることによって新たな接点が現れます。その中に含まれる過去の出来事、考え、作り出したもの、場所、関係性が接点(偶然の一致)という形で表面化するかもしれません。真逆の発想で生まれた接点を繋げることで新しい形を作り出します。(9契約の印B契約の印からの展開でできています。こちらも参照ください。)

44循環させる キーワード全体的な流れ 循環を作る

メッセージ エネルギーの表現方法や方向について、もしくはエネルギーの循環のさせ方について示しています。エネルギーは、表現される方向を設定してあげれば、新たなものへと形を変え昇華することができたり、また調和を保ちながらパワフルなエネルギーの流れとして循環させることができます。今作り上げてる事柄や考え中のプロジェクトがあればよい意図を持って循環するようにエネルギーを設定してあげるとあなたの中にもそれは巡ってきます。

45展開させる キーワードもともと持っているライン(もの)の利用 またそれに気づくこと 延長上にあるもの 関連することがら 持っているものを使っての展開 応用 可能性、知っていることを実行していくこと。

メッセージ今まで作り上げて来たものその延長線上で展開させること示しています。もうすでに基礎となる土台や重要なラインはあるのであとはそこに付け足して展開させていくようなそんな作業だけでじゅうぶんです。元々持っている可能性に気づくことと、持っているものを応用させ、適応した形に変えていく能力を磨くことが鍵となります。

 

 

 

 

 

 

オラクルノット 編み術の書

ABOUTこの記事をかいた人

マクラメによる作品を長年製作してきました。開催したワークショップや制作中に得た気づきなどを日々の生活に取り込んでいけるような編み術としてまとめてみました。