オラクルノット・マップ

(1)オラクルノット・マップ (タペストリー)

高次の自己とともにあなたの地図を製作するワークです。このワークは自分が人生を歩む中で流れるように進む(広がりを感じる)感覚、や、何か違う、腑に落ちないという感覚の違いを認識し、日々の生活の中でも確かな感覚に従う能力を補います。周りの環境に左右されずに、切り返し、方向を変え、方法を訂正し、これで良いと確信する、自分を信頼するための心の声や感覚を磨きます。これは内なる自己と繋がりメッセージを感覚的に受信する練習にもなります。

HOW TO KNOTTING

一つの意図やテーマを来めてください。

次に設定の印のカードを引きます。この設定の印は生まれ持ったあなたの環境や性格、特徴、出来事などあらかじめ人生で設定されている事柄を表します。

次に、この設定の印の制限から自由に創造する練習をします。

新しいカードを引きそれらを加えてもアレンジしても良いですし、角度、もしくは紐の本数、結び目の数などを自由に決めて組み込み自分の発想で作品を製作してみてください。ナビゲーションカードは自分のハイヤーセルフがあなたに送ったいるメッセージです。受け取った(印)を、メッセージに意識を向けながら、自分の中で心地よい曲線やデザインに整え表現する練習をしてみましょう。これはハイヤーセルフと共同製作していく練習です。

製作途中、何度でもナブゲーションカードを引きたければ引いてみてください。

「ここで意図を埋め込む」もしくは、「角度45」「サークル」「紐の追加」「焼きどめ」「紐8本追加」「少し解く」「内側のエネルギーの変換」「休憩」「イメージの受診」「左右対称」「アシンメトリー」「2本を結ぶ」「クリスタルの配置」「新規に別なオブジェクトを製作」「統合」と、それぞれに意図を編み結ぶ部分が表示されています。

自分が充分だと思うまでこの作品を製作してください。充分に楽しんだらそれらを広げて眺めましょう。

 

これらはあなたのエネルギーマップでありタペストリーです。瞑想に使ったりしても良いかもしれませんし、ハイヤーセルフとのチャネリングに使っても良いでしょう。シンボルは何かに見えたり、急に何かを思い立ったりするはずです。

上級者であれば立体的なアクセサリーや魔法の杖の装飾に使うことも可能かもしれません。

自分が発信したエネルギーが巡ってきます。ワーク中は自分のエネルギーフィールドにどんな観念の印が張り巡らされているかを観察する良い機会になるかもしれません。もしネガティブな考えが沸き起こってきたら、それは深い部分をハイヤーセルフとともに浄化していると思ってください。

様々なテーマで自分のオリジナルの印を製作してみましょう。それらはあなたを守るガイドの印となることでしょう。

オラクルノット 編み術の書

ABOUTこの記事をかいた人

マクラメによる作品を長年製作してきました。開催したワークショップや制作中に得た気づきなどを日々の生活に取り込んでいけるような編み術としてまとめてみました。