(4)目の印

スポンサーリンク

自分の外の世界と内側の境界線である目。

私達はこの窓を通して外の世界の出来事を見ています。

 

それは情報であったり、美しい景色であったり、雨や雲、太陽、物、さまざまな人達や出来事を映し出します。

ではこの窓の内側に操縦席があるとします。自分の感情や思い込みや信念がそのまま出来事や景色となって窓の外に投影される操縦システムです。

編み印を身につけ、あなたは今、操縦席に座りました。

あなたの今の感情、呼吸の速さ、思考、エネルギー、それぞれのメモリが現在の状態を表しています。

私たちはこれらの癖を客観的に見ることができ、悪い癖を意図的に解除して良いバランスを保つことができます。

この印はあなた自身を自らの意図によって操縦できることを思い出すための印です。今、あなたの窓からはどんな世界が見えているでしょう?

意識的に自分を操縦してコントロールするテクニックを思い出せますように。

ABOUTこの記事をかいた人

マクラメによる作品を長年製作してきました。開催したワークショップや制作中に得た気づきなどを日々の生活に取り込んでいけるような編み術としてまとめてみました。