(8)永遠の印

これは中心で編み目をロックせずにあえて交差させた印です。編み目を辿るとまるで終わりがないようにグルグルと8の字のように旋回しているようにも見え、二つの曲線が中心で交差し永遠の流れのシンボルとなっています。

物事が、流れ動き広がってゆくことは調和

エネルギーが自分の元に流れてきてはどこかにまた流れてゆきます。それをと留めようとすればその流れにロックをかけることになります。恐れがない状態は、自分を信用している状態です。この状態が自然な調和したエネルギー状態です。肉体も外の世界もエネルギーは連動しています。

永遠の印は、勇気を持って、調和した永遠の流れを作り出すことと、安心してその流れを見守ることを目的としている印です。

オラクルノット 編み術の書

ABOUTこの記事をかいた人

マクラメによる作品を長年製作してきました。開催したワークショップや制作中に得た気づきなどを日々の生活に取り込んでいけるような編み術としてまとめてみました。