(5)水瓶の印

スポンサーリンク

少し足りないのではないかとさえ思わせる、完全な編み目の数ではないところで編み束ねる。

そうすると、それで充分に満たされている状態。
ほんの少し立体的な丸みを帯びた ”水瓶の印”ができあがります。



女性性の象徴でもあり、受け入れる、満たされているの意味を持つ印です。




この印は女性性を表す水瓶と女神の印。いつも満たされていることに意識を向けるための印です。ただそこに存在しているだけで、あなたのいつも満たされているエネルギーは周りの人達が安心して癒されてゆく女神のエネルギーとなることでしょう。

水瓶の印に”流れの印”である渦を掛けあわせて”豊富に湧きだす”という意味を持った印を作り出したり、光の石をはめ込んで溢れ出す光の意味を持った印を製作して見ても良いかもしれませんね。

(水瓶の印と光の石のブレス。)

ABOUTこの記事をかいた人

マクラメによる作品を長年製作してきました。開催したワークショップや制作中に得た気づきなどを日々の生活に取り込んでいけるような編み術としてまとめてみました。